メインイメージ

消費税について

合同会社の消費税について

合同会社を設立した場合には、設立から2年間は消費税が免除されます。個人商店の方などは小売の課税で頭を悩ませる方も多いです。個人事業主の形態で個人商店を続けているよりは、合同会社の形態にすれば、消費税は免除され、面倒な会計業務から解放されるメリットがあります。また、これから物販系の商店を立ち上げる方も、個人事業主の形態ではなく合同会社の形態をとるのをおすすめします。

合同会社は1円からでも起業可能です。独自の営業ルートや斬新なビジネスモデルのある優秀な経営者の方を経営に参加できるようにした会社設立の制度です。リーマンショック前は、会社を設立するには2000万は必要と言われていました。株式会社を設立するのに1000万円、運転資金に1000万円は最低必要という意味です。いくら斬新なビジネスモデルや独自の営業ルート、営業力に自信があっても、会社を設立するには、貯金を2000万円貯めるか、資金調達を2000万円する必要がありました。

それでは、いくら優秀な経営者の人でも2000万円用意しないと会社経営ができないことになってしまいます。合同会社の制度が設立してからは、大学生も在学中に起業するのが珍しくなくなりました。授業で学んだものを実践する場として、自分の会社を設立し事業が軌道にのったら、卒業後に本格的に専念するのが、最近の賢い大学生のスタイルになりつつあります。

起業してから軌道にのるまでのサポートとして、設立後2年間は、消費税が免除されるようになっています。物販系で消費税の扱いほど手間のかかるものはありません。とくに設立後の2年間は軌道にのるのに、いろいろと苦労をするものです。その大変な2年間の間は、消費税のことには頭を悩ませないようにと考えられた制度です。起業して3年経てば結果は出るものです。

1年目は軌道にのらせるため、2年目は安定させるために費やし、3年目には軌道にのっているものです。物販系に限らず、設立してから2年間は大変なものです。合同会社の免除制度はそういう新規参入する経営者の方を考えて設立した制度になっています。優秀な経営者の方のサポートをするこの免除制度を利用して、立ち上げ時の苦労を軽減しましょう。企業は立ち上げの2年間が勝負です。競争の激しい現代では、スピード経営を求められます。営業に専念するためにもこの制度を大いに利用して、生き残rっていくように心がけましょう。”

Copyright © 2017 合同会社が広く認知されない訳とは All rights Reserved.