メインイメージ

経理と仕訳

合同会社で必要な経理と仕訳

合同会社として法人設立をした場合にあっては、決算を必ず行わなければいけません。その決算結果により生じた税金なども納税の義務が生じるため、その点に十分居注意をしながら対応をしていく必要が生じます。個人事業主などから仕事の幅を広げようと思って合同会社を設立した場合などもあることでしょう。このときには、個人事業主の時に関わりを持っていれば、士業の専門家である税理士に任せることが望ましいです。

税理士であれば、仕訳などから手取り足取り親切に教えて貰えるところがあるため、その手助けを受けながら対応をしていくことが大切になっていきます。なお、税理士によっては、最初の法人設立直後などは仕訳から教えて、さらにその後の総勘定元帳への転記など基本から教えて貰える場合が多くなっています。ただし、年々慣れてきたと見ると手助けの範疇を減らす場合があるので注意が必要です。税理士次第と考えておけばよいでしょう。

合同会社では、法人ですから決算書類つまり損益計算書や貸借対照表の作成、場合によってはキャッシュフロー表なども作成しなければいけません。このとき、合同会社では経理担当などの配置が厳しい場合があることから、自然と税理士頼みになりやすいです。ただ、彼らもそこまで手が回らないことも増えていきますので、なるべく自社内である程度の帳票作成が出来るようにすることが望ましいとされます。そのことにより、税理士ではその帳票が正しく作成が出来ているかどうか、さらには税務署などとの交渉などに専念出来るようになることから、合同会社側と税理士事務所側との連携が上手く出来ていくことに繋がります。

従業員数が少ない傾向にある合同会社では、経理担当専門の職員の配置は厳しいのが現実です。仕訳などについてはまだしも、決算書類などの作成まで手鎌和ならない可能性も高く、一人が何役もこなさなければならない場合も多いでしょう。上手く乗り切るためには、経理面でもなるべく一人に集中して処理を行うのが望ましいのか、協力体制で乗り切るのがいいのかなど、その時々で上手く判断をすることが非常に大事です。合同会社の組織によって変わってくるところです。ただ、その後の決算書類のチェックは税理士に行ってもらうことで、税務署からの不要な指導などを受ける可能性を減らせます。その分だけ従業員も本来の業務に専念できることにつながりますから、対応を考えていくことが非常に大事です。”

Copyright © 2017 合同会社が広く認知されない訳とは All rights Reserved.