メインイメージ

厚生年金の加入

合同会社の設立には厚生年金の加入は必須です

合同会社の設立には厚生年金の加入は必須になります。合同会社だから、自分一人が社長だからといって、厚生年金に加入しなくていいということはありません。合同会社も会社ですから、健康保険、厚生年金は強制的に加入させられます。当然、従業員を採用した場合も採用から5日いないに管轄の年金事務所への届出が必要になってきます。誰でも気軽に会社の設立ができる合同会社の制度は、起業を志す若者を中心に急速に普及しています。

大学生が在学中に起業を行い、授業で学んだことを実践していき、事業がうまく軌道にのったら、卒業後に本格的に事業を行い、失敗したら安定した大企業に就職するというのが、今時の賢い大学生のスタイルとして定着してきています。それも、誰でも気軽に起業ができるようになったからです。一昔前は、大学在学中に弁護士を目指し、不合格の場合には安定した大企業に就職するようなものしかありませんでしたが、起業が気軽に行えるようになったため、最近の大学生は、自分のブログを書くように気軽に起業するように変化してきています。合同会社は1円から誰でも気軽に会社は設立はできますが、あくまでも会社です。

上場企業でも株式会社でも合同会社でも同じ会社です。会社である以上は、従業員を採用した場合には厚生年金に加入するのは当然のことです。景気後退に伴い雇用情勢が不安定になった結果、起業を志す人が増えています。よく学歴を気にする人がいますが、正直な話、学歴はあったほうがいいというものに過ぎません。世の中は、雇う側と雇われる側の2種類の人間しかいません。極端な話、中卒の社長でも採用条件さえあえば、博士号の人間を雇用して働かせても問題はありません。

そのことに気がついた若者が、起業しやすくなった風土をもとにベンチャーを立ち上げ富を稼いでいるのです。不況による雇用情勢に変化に伴い、起業を志す若者は増えてくると思いますが、会社は設立するだけでは意味がありません。ネットショップと同じで、自分の好みのデザインと商品を並べていても、売上が上がらなければ何も意味はありません。会社も同様で、自分のやりたい事業を、気に入った人間だけで構成しても、売上が上がらなければ何も意味はありません。ただの自己満足で終わってしまうものです。合同会社も会社である以上は普通の会社のように雇用環境は整えなくてはいけませんし、利益を追及する必要があるのを忘れないでください。”

Copyright © 2016 合同会社が広く認知されない訳とは All rights Reserved.